2013年6月29日土曜日

俺はフリーライドさせない男

帷子川だ。

前回のエントリーに関連して。この国はますます生活保護受給者とか、そういう弱い立場の人たちに対してせせこましくいいちびるようになっている。何様だろうね、みなさん。あ、世間様か。

俺は、ぶっちゃけすごく頭がいいのですよ。恥ずかしげもなく言い切っちゃえば(笑)子供の頃は、俺が頭がいいのは神さんが俺にくれた力だから、社会のために役立てようとか、公共教育のおかげだから、社会に貢献しようとか、殊勝に思ってたわけだよ。

でもさ、こんな世間様がずうずうしく偉そうになるつーなら話はちゃうで?

そういう事を言い出すなら、話は違うわけだよ。もっと細かく俺も言うよ?世間様だってなんやかんやいって教育に関して平等に公的扶助をもらってるんだから、その点では俺とイーブンだよね?俺が標準より頭がいいのは、それにプラスして俺の親やばあちゃんが厳しい家計の中から教育費を捻出して金をかけてくれたおかげであって、世間様のおかげではないんじゃね?俺が世間標準より頭がいい部分を活用した結果として世間が得をするのは、それこそ生活保護以上にお前らフリーライドちゃうんか?

ということで、俺はフリーライドさせない厳しい男として、世界の改善につながることはしないことに決めているのであった。 まあ、世間ではそれを怠け者というのであろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿